POSレジ

個人経営の居酒屋に最適な飲食店向けのPOSレジ

タブレット

日本料理店で板前として活躍してきた人は、キャリアを生かして居酒屋を開業することが多いです。しかし居酒屋は飲食店の中でもとりわけメニューの数が多く、会計業務が煩雑になるという問題が頻発しています。しかし飲食店向けのPOSレジを導入すると、居酒屋経営者を悩ませている問題もすぐに解決することができます。POSレジには様々な機種がありますが、居酒屋の導入事例を参考にすると、最も良い方法で利用できるようになります。特にアルバイトの比率が高いのが飲食店に共通する特徴であり、シンプルで使いやすいPOSレジが好評です。タブレットを使って注文をキッチンに伝えることができるので、忙しい時間帯でも短時間でお客様に料理を提供できるのが魅力です。料理やドリンクをすぐに提供できるシステムを確立すると、客単価も大幅にアップするので居酒屋の収益性も高まります。また様々なコースを設定できるので、飲食店向けのPOSレジを使うと飲み放題などの会計も円滑に行えます。しかもレジには領収書発行機能もあるので、企業などの宴会の事務処理も簡略化できます。更に1日の売り上げをすぐに計算できるので、POSレジの活用でスタッフの残業時間も減らせます。

飲食店のPOSレジ導入にはメリットしかない

一般的なキャッシュレジスターをレジといいますが、POSレジはお客様と金銭のやり取りをした時に販売情報を管理してくれるシステムを搭載したレジになります。ネットワークに繋がっているため、売り上げの改善を図ることもできるようになります。
いつ何がいくらで何個売れたかというデータだけでなく、購入した人の年齢や性別もわかるようになるので、これら全てを組み合わせてしまえばとても詳しい販売データを作る事ができるようになります。元々は飲食店で導入される事が多かったですが、最近では小規模な店舗でも導入しているところがあります。
従来のレジだと打ち間違えや時間がかかる事が多かったですが、打ち間違えが無くなると会計担当の人件費を削ることもできます。飲食店ではよくチェーン店など店舗を増やすところが多いですが、そういう時も無駄を省けるのはメリットと言えます。
最近では交通系電子マネーなど携帯またはカードで決済する方法も主流になりつつあります。タブレット型のPOSレジだとアプリをインストールするだけでネットに繋がるレジスターへと変えることもできます。データを生かしたマーケティングは飲食店を含めた色んな店舗で必要になっているので、顧客データを集める意味でもPOSレジはおすすめです。

飲食店で改ざん防止対策を強化するならPOSレジを導入しよう

飲食店において、オーダー内容や精算内容は改ざんリスクを伴います。また、飲食店内のスタッフが行うものだけでなく、領収書を受け取ったお客さんが経費精算を行う際に行う改ざんもあり、問い合わせ対応によりネガティブなコストが発生することもあります。そこで、飲食店におけるさまざまな改ざん防止を図るのであれば、POSレジを導入しましょう。
POSレジに強みはエントリーオーダー方式かつオーダー情報はサーバー上に保存され精算情報に反映されることです。つまり、オーダーした内容と提供したメニューの照合が提供時に行われ、精算時にはその情報から金額を計算します。この間、データを修正できるのは管理者のみとなり、学生アルバイトの友人が来店した際に精算金額を改ざんすることはできません。また、領収書については発行した枚数、発行したスタッフ情報などが記録されます。そのため、手書きの領収書と異なり記録がしっかりと残ります。手書き領収書の場合、受け取った側が金額を改ざんするリスクがあるものの、POSレジから発行する際には印刷となるため、ペンでの金額を修正は不可能になります。また、印刷される金額はオーダー情報に基づくため、スタッフが改ざんを指示されても対応することが困難となり、未然防止が可能ですPOSレジで金額に関わるさまざまな不正リスクを解消しましょう。

飲食店での提供ミスや精算金額誤りはPOSレジで解決可能

飲食店において、業務繁忙となる時間帯はさまざまなミスが発生しやすいという問題があります。オーダー内容の誤り、オーダーを受けたものの異なるものと提供した、それどころか提供することを忘れてしまうこともあります。また、精算時には計上ミスによる過大請求や過少請求などもあり得ます。そこで、エントリーオーダー式の飲食店向けPOSレジを導入して問題を解決しましょう。エントリーオーダー式の飲食店向け…

More Details

移動販売でも使用できる飲食店向けPOSレジのエントリーオーダー

移動販売店のオーナーの方、テナントに入居して営業する飲食店と同じようにエントリーオーダー式で注文受付を行い、精算対応したいと考えていませんか。特に移動販売でも注文メニューの多い焼き鳥店など、お客さんから口頭で受けた注文内容をメモするのは大変です。また、オーダーミスの防止だけでなく、受け渡しミスも防止するのであれば、飲食店向けPOSレジの導入がおすすめです。現在主流になっている飲食店向…

More Details

POSレジはタブレットやスマホだけでも構築できる

店舗面積が狭い、移動販売店で調理スペースしかないという場合、飲食店向けのPOSレジにメリットを感じていても導入できないということは少なくはありません。以前のPOSレジは専用設計の端末であり、サイズも大きく常時電源供給が必要でした。そのため、狭い店内で使用できない、屋外では電源確保ができないというイメージがあります。しかし、今ではPOSレジも市販のタブレット端末に専用アプリをインストールして使…

More Details

タブレットやスマホがあれば直ぐに飲食店にPOSレジが導入可能

飲食店にPOSレジを導入するメリットとしては、エントリーオーダー式による業務効率の向上、ダイレクトな情報通知による同時調理による時間短縮、営業時間外の事務作業の改善などさまざまなものがあります。しかし、導入前まで時間や費用がかかるものとイメージしていることがあるのではないでしょうか。これまでのPOSレジは、専用設計の端末とシステムとなり、短期間での導入が困難でした。注文しても飲食店ごとのカス…

More Details

Article List

TOP