POSレジ

飲食店での提供ミスや精算金額誤りはPOSレジで解決可能

飲食店において、業務繁忙となる時間帯はさまざまなミスが発生しやすいという問題があります。オーダー内容の誤り、オーダーを受けたものの異なるものと提供した、それどころか提供することを忘れてしまうこともあります。また、精算時には計上ミスによる過大請求や過少請求などもあり得ます。そこで、エントリーオーダー式の飲食店向けPOSレジを導入して問題を解決しましょう。
エントリーオーダー式の飲食店向けPOSレジならオーダーを受ける際の書き間違いという問題がありません。液晶画面のタッチ操作となり、お客さんとの同時確認も可能です。さらにPOSレジのデータ通信により厨房とレジにデータが共有されます。厨房では受けたオーダーを確認し調理が完了したらチェック操作を行うことで提供漏れやメニューミスといったことも解消できます。また、精算情報には提供完了の情報も反映されるため、提供していないものをレジ打ちしてしまうことがありません。同様にレジ打ちが漏れて請求金額が過少になることもありません。ミスが大幅に減るだけでなく、少ないスタッフでもサービス品質を向上することができます、そのため、クレームが減るだけでなく、これまで精算ミスで飲食店が追っていたロスの問題も解決することが可能です。また、セルフオーダー式ならお客さん自身が注文するため、オーダーの受付ミスによる責任問題を解決できます。

飲食店での提供ミスや精算金額誤りはPOSレジで解決可能

飲食店において、業務繁忙となる時間帯はさまざまなミスが発生しやすいという問題があります。オーダー内容の誤り、オーダーを受けたものの異なるものと提供した、それどころか提供することを忘れてしまうこともあります。また、精算時には計上ミスによる過大請求や過少請求などもあり得ます。そこで、エントリーオーダー式の飲食店向けPOSレジを導入して問題を解決しましょう。エントリーオーダー式の飲食店向け…

More Details

移動販売でも使用できる飲食店向けPOSレジのエントリーオーダー

移動販売店のオーナーの方、テナントに入居して営業する飲食店と同じようにエントリーオーダー式で注文受付を行い、精算対応したいと考えていませんか。特に移動販売でも注文メニューの多い焼き鳥店など、お客さんから口頭で受けた注文内容をメモするのは大変です。また、オーダーミスの防止だけでなく、受け渡しミスも防止するのであれば、飲食店向けPOSレジの導入がおすすめです。現在主流になっている飲食店向…

More Details

POSレジはタブレットやスマホだけでも構築できる

店舗面積が狭い、移動販売店で調理スペースしかないという場合、飲食店向けのPOSレジにメリットを感じていても導入できないということは少なくはありません。以前のPOSレジは専用設計の端末であり、サイズも大きく常時電源供給が必要でした。そのため、狭い店内で使用できない、屋外では電源確保ができないというイメージがあります。しかし、今ではPOSレジも市販のタブレット端末に専用アプリをインストールして使…

More Details

タブレットやスマホがあれば直ぐに飲食店にPOSレジが導入可能

飲食店にPOSレジを導入するメリットとしては、エントリーオーダー式による業務効率の向上、ダイレクトな情報通知による同時調理による時間短縮、営業時間外の事務作業の改善などさまざまなものがあります。しかし、導入前まで時間や費用がかかるものとイメージしていることがあるのではないでしょうか。これまでのPOSレジは、専用設計の端末とシステムとなり、短期間での導入が困難でした。注文しても飲食店ごとのカス…

More Details

Article List

TOP